大坂 秩加 Chika Osaka / その愛は必ず自分に戻ってくる
5ea5abc1bd2178418406c836 5ea5abc1bd2178418406c836 5ea5abc1bd2178418406c836 5ea5abc1bd2178418406c836 5ea5abc1bd2178418406c836

Sale period
2020/05/16 20:00 〜 2020/05/31 23:59

大坂 秩加 Chika Osaka / その愛は必ず自分に戻ってくる

15,000 JPY

About shipping cost

End of sale

©️Chika Osaka, courtesy of GALLERY MoMo  見返りを一切求めない尽くす気持ちこそが愛だ、その愛は必ず自分に戻ってくる。なんて、本当はうそ。  でも皆そんな神話みたいのを小さなときから刷り込まれてるから、大人になって理想と現実のバランスがとれなくなってるんだ。私には優子も佳奈も奈津子も志江も香里も舞もみんなみんな、ヒロインになりたくて自ら不幸を探してるみたいに見える。 ・原画制作年      2013年 ・プリント制作年    2020年 ・サイズ        A3(297mm×420mm) ・プリント技法    ジークレープリント ・数量        限定最大25枚まで ※アーティスト様直筆サイン入り ※エディションNoはつきません ※無酸性の長期保存性に優れたファインアート紙を使用 ※この作品はプリントに余白が入る可能性がございます 大坂秩加 Chika Osaka http://osakachika-works.com/  1984年東京都生まれ。2011年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(版画)修士課程修了。「東京藝術大学卒業制作展」サロン・ド・プランタン賞(2009年)、「シェル美術賞展 2010」島敦彦審査員賞(2010年)、「第4回アダチUKIYOE大賞」大賞(2013年)、「VOCA 展 2014」佳作賞(2014)、「London Original Print Fair」Jerwood Printmaking Today Prize(2019年)、「One Art Taipei 2020」One Art Award(2020年)他、受賞多数。主な展覧会に「シェル美術賞展アーティストセレクション2012(SAS)」国立新美術館(2012年)、「プリントって何?- 境界を超えて」市原湖畔美術館(2014年)、「第2回PATinKyoto京都版画トリエンナーレ 2016」京都市美術館(2016年)、「リトグラフ石のまわりで」武蔵野美術大学美術館(2018年)など。 ーアーティストよりー  世界中で起こっているこの状況を、即時に新作としてカタチにすることは私には難しく、作家として今なにができるのかを考えていました。この企画は、これまで私が作ってきたもので少しでも役に立てるかもしれないと思い、参加させていただくことにしました。  不安や恐怖の中、日々治療に当たる医療従事者のみなさまの、微力ながらお役に立てれば嬉しいです。 【作品について】  わたしは言葉をモチーフに制作しています。言葉から想像される場所や人物から一つの物語を紡ぎ、そのワンシーンを切り取って描いています。作品の中には皮肉とも受け取れるものもありますが、わたしが表現したいことは不器用にしか生きることのできない人々への応援でもあり、愛です。作品を通して私からのラブレターが、少しでも多くの人に届いて欲しいと思っています。